2013年08月07日

My楽器紹介その3

ハセヤンですひらめき

My楽器の紹介のコーナーの第3回目です演劇


実は先日、知人から
【最近ブログを更新してないっすねー次の楽器紹介はいつだ?】とお尻を叩かれました^_^;

そんな訳ではないですが
今回は私が所有するスネアドラムの中でも過去例のない普通じゃないスネアドラムを紹介しますexclamation×2


ジャーンぴかぴか(新しい)先ずは登場でするんるんPEARL REFARENCE NO.1.JPG

PEARL REFARENCE NO.2.JPG

PEARL REFARENCE NO.3.JPG



さあ?どうですかexclamation&question

えっexclamation&question 普通じゃんかexclamationって…exclamation&questionバッド(下向き矢印)

まぁ?普通と言えば普通ですが、過去の例から申しましてもこの様なカラーのスネアは買わないでしょうexclamation×2(失礼しました)というカラーですたらーっ(汗)

実際にメンバーから「このスネア凄いカラーだね」と言われましたどんっ(衝撃)
そんな訳で私の中では異色のスネアなんです。


先ずこのスネアはと言いますと、
サイズは14インチ×5インチでシェル(胴)はこの様にまるでバームクーヘン
様な極厚シェルなんです。
シェル(胴)厚は20plyでMaple14+Birch6です。

PEARL REFARENCE NO.4.JPG


購入は2010年11月で、何故このスネアを購入したのかと言いますと…
我が師匠の村石雅行氏はスキマスイッチのツアーをサポートされている事を既に書きましたが、スキマスイッチTOUR 2010 "LAGRANGIAN POINT"で村石氏がこのスネアを使用していたからです。
ライブ会場で実際にマイクに乗せた音を聴きました耳
加えてドラム&リズムマガジンで村石氏の所有スネアが紹介されていて
氏がスキマスイッチで使用した経緯等が書かれていましたわーい(嬉しい顔)
村石氏の使用しているスネアも市販品とほぼ変わらない仕様ですが若干手を加えている様で、私も購入後村石氏が手を加えている通りのそのままの変更をしました。
その内容はボトム側のフープをダイキャストフープからパワーフープに替えたりと
見る人が見れば分かるとは思いますが、少しマニアックなので機会があればって事にしておきますねわーい(嬉しい顔)

特徴としては、14インチ×5インチサイズですのでかなりアタックが強く、
音の立ち上がりがすこぶる早く、スナッピーの反応もかなりいいんです耳
肝心なサウンドですが、バームクーヘンの様な極厚のシェルから想像した通り分厚いウッドサウンドですが、意外にドライでアタックが効いた抜ける音でするんるんこの表現で解りますかぁexclamation&question

ただ、村石氏よりピッチを上げてチューニングしてあります。
ドラム&リズムマガジンで村石氏が【極厚シェルは叩き込むと音が変わる。】そう書いていました。
実際に購入当初はよく分からないスネアだなぁ?って感じでしたが、
今はかなり鳴るスネアになっていて、フルショットで叩くと実に気持ち良い音がします耳

オブリガードでは登場しないこのスネアですが、他の所ではなかなか好評ですわーい(嬉しい顔)

いつか何処かで聞いてもらえる機会があるかもしれません。
その時は【あのブログのスネアだな】って思い出して下さいわーい(嬉しい顔)

ではまた手(チョキ)



posted by obrigado at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ハセヤン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

おはようございます。

また、急に雨。最近のお天気なんか、変ですね。
昨日は練習お疲れ様でした。
9日のライブに向けての最後の仕上げ。大府の子供病院さんでのライブ、私は今回で4回目です。どのライブも大切ですが、子供病院さんは、ちょっとまた特別な感じがします。長丁場ってこともあるのかな?
昨日は、息子も、参加させてもらって、彼もちょっと大変だったりもするのですが、音楽の中にいる時の彼はほんとにキラキラしてました。オブリのチカラをほんとに感じた瞬間でした。
9日.精一杯がんばります!
posted by obrigado at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ふ〜みん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。